Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 三島ジオサイト:菰池公園の案内看板 |メイン| 菜の花の名所と桜の便り »

三島ジオパーク:白滝公園と源兵衛川

2015年02月27日

三島ジオパーク:白滝公園と源兵衛川

普段は季節の風物詩や水をたたえる美しい景観として紹介される
三島市内の白滝公園と源兵衛川ですが、
今回はジオパークとしての特徴を中心に
撮影してみました。

市内の各所に置かれている、街中のせせらぎの案内です。
この地図では少し見にくいですが、(画面左側)
それぞれのジオパークはせせらぎでつながっています。


 
まず、桜川沿いの水上の小道を通って、白滝公園へ抜けます。
桜川は菰池から流れ出る湧水で形成された川で、
白滝公園へそして市の東南へと流れている
三島市を代表する川のひとつです。
 

  

 
初夏になるとここで水遊びをするほど豊かな水量をたたえるのですが、
この季節、まだまだ湧水は少ないです。
 

(水の多い時期の桜川)↓
 

 
そして白滝公園は、シーズンに向けて川底の整備の真っ最中でした。
  

 
水の豊かな時はつい見落としがちですが、
足元を気をつけてみると、
富士山が噴火して出来た溶岩台地がそのまま残っています。
 

 

 

 

 
いつもは青々とした葉が茂っている林も、
落葉してこのとおり。
自然の姿がそのまま、町の中心部にも残っています。
 

 
下にいる人と比べるとその樹木の高さが分ります。
 

 
次に、
先に紹介した小浜池からの水が注いでいる源兵衛川です。
 

 

 
川の中を歩いて移動できるプロムナードも作られ、
三島市内ではもっとも人気の高い川のひとつです。
原風景、原体験を取り戻したいという市民のみなさんの、
一昔前からの努力の甲斐あって
こちらも、自然の姿がそのまま残されています。
 
水量が少ないので、景観の美しさではいまひとつのこの時期ですが
三島ジオサイトとしての観察には良い季節かも知れません。
 

 

 

 
昔々の風情を今に伝える源兵衛川です。
 

 

 

投稿者: |