Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« おすすめ散策コースにみつけた伊豆半島ジオパークへの取組み |メイン| 三島ジオサイト:菰池公園 »

楽寿園から源兵衛川へ(伊豆ジオパークの続き)

2015年01月29日

楽寿園から源兵衛川へ(伊豆ジオパークの続き)

ジオパークとは、(地球の営みが感じられる)大地の遺産を
その土地の人々が保全していて、それを教育に役立てており、
大地の遺産を楽しむこと(ジオツーリズム)が地域の経済を持続的に活性化している・・・。
日本ジオパーク委員会では「大地の公園」という言葉を使っているようです。
(ウィキペディアより)

「伊豆ジオパーク」をウィキペディアで見てみると、

三島ジオサイトとして
楽寿園の溶岩流や湧水・源兵衛川、菰池、白滝公園の湧水が挙げられています。

楽寿園でジオパークとして最も分りやすいのが小浜池です。
 
写真のゴツゴツした岩は、
約一万年前の富士山の噴火の際に流れ出た溶岩で
楽寿園はこの溶岩流の最終到達地点なのです。
 

 
この池は元々枯れることのなかった湧水で満水でしたが、
昭和30年代中頃から上流地域の地下水の汲み上げ量が増加すると共に水位が低下して
1年を通して満水になることはありませんが、
最近では平成23年9月に満水になったそうです。
(三島市立公園楽寿園パンフレットより)
 
こちらの写真は、平成23年11月の小浜池の様子です。


 

 
小浜池周辺の「あやめ池」や「緑が池」には水が来ており、
水鳥の遊び場になっていました。
 
あやめ池
 

 
みどりが池
 

 
小浜池の水の流れを追っていくと、
南出口から外に出て、宮さんの川(蓮沼川)そして
源兵衛川へと流れていきます。
 
楽寿園の南出口です。(ここは出口専用です)
 

 
出口を出ると、楽寿園の湧水は蓮沼川(通称宮さんの川)になり
 

 
そして初夏になると街中をホタルが飛び交うほど水の流れが美しい
源兵衛川が、蓮沼川と平行に流れています。
 

 

 

 
今回の散策でお目当てだった南出口にある梅の花は
今年は遅いのか、まだまだ堅いつぼみでした。
 

 

 

投稿者: |