Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« もうひとつの柿田川 〜柿田橋記〜 |メイン| 頼朝義経の対面石(清水長泉総鎮守の八幡神社) »

夢舞台・東海道道標と松並木

2014年10月28日

夢舞台・東海道道標と松並木

東海道ウォーキングを楽しむ人にとって
静岡県内で頼りになる道標といえば、
「夢舞台・東海道道標」です。



2001年の東海道四百年祭の時に、
静岡県内22宿場への案内として随所に建てられたものですが、
一本の道標に様々な情報が詰まっています。

全体像は



上部には東京(江戸)ー京都間のどの辺りに位置するかを示すグラフがついていて



そして観光案内と



宿場町までの距離が記されています。



この道標がある清水町長沢の松並木は
江戸時代(1604年)に五街道をはじめとして主要な街道の両側に植えられた当時のもので
距離的には50メートルも残っていないくらいですが、
松はとても大きく、堂々たるものです。



画面中央が遠くから眺める松並木です。
 

 
近づくと、こんなに太くて立派です。
 


夏は木陰を作り、冬は積雪を防ぎ、道ゆく人を守るのが目的で整備されたそうですが、
今は保存樹木として大切に管理されています。







今では知る人も少なくなりましたが、
この道は、三島から沼津まで路面電車も走っており、
昭和の中期くらいまでには、
こちらの黄瀬川を渡る橋に向う坂道にも
松並木が長く残っていたそうです。



街道沿いの松が当時の東海道を偲ぶことのできる
数少ない史跡として大切に保護されています。


投稿者: |