Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 第4回「国際総合政策学科学術講演会」が開催されました |メイン| 第5回「国際総合政策学科学術講演会」が開催されました »

三島市郷土資料館へ行ってきました。

2013年11月25日

三島市郷土資料館へ行ってきました。

一年ほど前から耐震補強のための改修工事を行っていた、三島市郷土資料館が
リニューアルオープンして2ヶ月ほどが経ちました。



同資料館は三島市立公園楽寿園の中にあります。

四季折々の自然を楽しませてくれる楽寿園は、紅葉の盛りが少し過ぎたとは言え、
この時期毎年恒例の菊まつりでとても華やかに彩られていました。
  

 

 

 

 
昨年閉鎖した園内食堂の代わりの施設として、
2棟のお休み処「桜」「紅葉」も新しく整備されていました。
 

 
そして、三島市内の小中学校を卒業していたら一度は訪れる、
三島市郷土資料館です。
 

 

 

 
一階の、リニューアルオープン記念企画展は
もちろん興味深いものがありましたが、
2階、3階の、文化財や民芸の展示、体験コーナーが
とてもしっかりと、親切に展示してあり、見応えが十分。
 


昭和初期くらいまでの農機具や
  

 
最後の三島傘職人、碓井善太郎さんの道具と
名産品であった三島傘の展示コーナーもありました。
 
水の豊かな三島市は、旧宿場街や川沿いに
たくさんの職人が店を構えていた「職人の町」でもあったそうです。
 

 
そして縄文時代から現代まで、
年代を追ってのパネルと出土品などの展示も・・・。
 

 

 
最初に紹介した新聞記事にもありますが、
同資料館の入館料は無料です。
(楽寿園の入園料 300円)
三島と偉人達(源頼朝、武田信玄、など)とのゆかりを紹介する
リニューアルオープン記念企画展「偉人たちの足跡を訪ねて」は
来月15日まで。
開館時間は、午前9時から午後4時半までです。

投稿者: |