Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月

2013年03月23日

桜が咲いたよ2013年。


 

 
今年は例年よりも1週間〜10日ほど早くソメイヨシノが開花して
三島市桜の名所のひとつに数えられているこのキャンパスも
見頃を迎えています。
 

 

 
庭園の桜もこのとおり
 

 
テニスコートの辺りです。
 

 

 
春爛漫の光の中、隣接している日大三島高等学校の生徒がランニング。
部活中です。
 

 
キャンパス内にはたくさんの桜の木がありますが、
本館周りが一番最初に植えられたのでしょうか、
この辺りの桜はかなりの古木です。
 

 

 
図書館への通路
 

 

 
庭師のおじさんが、『今年は早いね〜』と言って、
桜を見上げていました。
この週末には、ソメイヨシノは満開かも知れません。
 

 
そして、
本館前のしだれ桜は、そろそろつぼみがふくらみ始めています。
 

 

 
3月22日撮影
春たけなわの三島キャンパスです。

投稿者: |

2013年03月08日

河津桜の便りと丸池

河津桜は1月中旬から2月にかけて開花する早咲きの桜で、濃いピンク色。
ひと月ほど咲き続けるのが特徴です。
 
気温の低い日の続いた今年は、今頃がちょうど見頃を迎えました。



先日紹介した伊豆の国市韮山地区の川沿いもこのとおり。
ソメイヨシノと交互に植樹されていて、ソメイヨシノはまだまだですが、
河津桜は8部咲きです。(3月7日)



河津桜は1955年に河津町の民家で偶然原木が発見され、
その後新種の桜と判明して、1974年にカワヅサクラと命名されましたが
育てやすい、樹勢が強い、日陰に強い、成長が早い、寒さに強いなど
美しく長く咲くだけでなく、栽培しやすことからあちこちに植樹されています。







三島市の隣、清水町にある「丸池」にも、咲いていました。





丸池は、室町時代にその起源が記されている古いため池で、
(一節には奈良時代とも言われています)
現在も農業用水の水源として利用されています。



池の中央まで細い通路があり、そこに石碑と神社がまつられている一風変わった池です。



石碑には、江戸時代この辺りの地区で水争いがあり、
その解決のために江戸の奉行所へ行ったまま
客死した2名(安右衛門と清兵衛)の名をとどめるために
古安、平清神社を建てて祀ったとの記録があります。

丸池は周辺が散策道として整備され、三島市とその近隣市町の憩いの場所になっています。
3週間後くらいには、池の周囲に植えられたソメイヨシノが見頃を迎えそうです。



清水町丸池までは、大学キャンパスから自転車で15分くらいです。

投稿者: |

2013年03月04日

花の便りが届き始めました。

大学のある三島市から伊豆半島方面へ車で15分ほど下ると
この時期には「いちご狩り」で知られる『伊豆の国市』に入ります。
 

 

 
完熟苺を直販しているハウス栽培農家もあります。
 
ちなみに、
静岡の苺の生産量は全国で5位
中でも伊豆の国市は静岡を代表する産地です。
 

 
3月に入り、菜の花の盛りが過ぎて
いちごハウスの周りでも、そろそろ桜の便りが聞かれます。
 

 

 
全国的にも有名な、早咲きの河津桜の花は、ほころんでいました。
それでも、今年は静岡県も気温が低く、
河津桜も例年に比べて開花が遅れています。
 

 
この写真の撮影日は3月1日ですので、
今頃はもう随分花も開いているのかも知れません。
花の便りが駆け足でやってくる伊豆地区です。
 

 

 
伊豆の国市江間界隈までは大学キャンパスから車で20分くらいです。
 

投稿者: |