Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 三島の民話③<こわめし坂> |メイン| 三島の昔話④<大場の久八> »

<こわめし坂>番外編 箱根旧街道と朝鮮通信使の宿・松雲寺

2012年10月31日

<こわめし坂>番外編 箱根旧街道と朝鮮通信使の宿・松雲寺




箱根旧街道とは、
慶長九年(1604年)に江戸幕府によって整備された東海道のうち
小田原宿と三島宿を結ぶ標高845mの箱根峠を越える
箱根八里(約32Km)の区間です。





現在では舗装された道から山を管理するための林道が
ところどころに整備されています。





前回紹介した<こわめし坂>を少し三島市側へ下ると
明治天皇の史跡がありました。



東海道は明治に入ってから「国道」と改められるのですが
(現在の国道1号線と15号線)
明治天皇は東海道にその足跡を多く残されています。

このお寺、松雲寺もそのひとつ。
境内に入ると明治天皇が腰掛けてお休みなったという石がありました。


 

 

 
この石に座ってみる景色は絶景で
眼下には三島の町がひろがっており、また
ここに植えられていた樹齢を重ねた大木が狩野川台風で折れた際に、
その、村の防風の恩に報いて祀られているなど
こじんまりとしながらも、すがすがしい境内でした。
 

 

 

 
寺の庭にある三島市の保存樹木も樹齢350年を数えるというので
その歴史を紐解いてみると
 
開闢が1644年の江戸初期。
東海道を往還する参勤交代の大名たちの休息所となり、
朝鮮通信使や徳川14代家成、15代慶喜の寺本陣ともなり
明治天皇は三ツ谷新田御小休所として度々寄ったとの記録があり
そしてまた、
明治時代(6年から43年まで)は、寺子屋教室(後の坂小学校)だったそうです。
 

 

 
松雲寺までは大学から車で10分
路線バスではバス停「松雲寺前」下車になります。

投稿者: |