Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 留学生の農業+日本史体験 |メイン| 富桜祭まであと3日!! »

英文学者 夏目漱石の足跡と・・・(その1)

2010年10月22日

英文学者 夏目漱石の足跡と・・・(その1)

明治・大正時代の文豪であり、英文学の先駆者でもある夏目漱石の
滞在100年展が開かれているということで
伊豆市修善寺に行ってきました。





記念展はしゅぜんんじ回廊で催され、
漱石とその弟子の足跡が、パネルで紹介されていました。
 






没後、漱石夫人と弟子、地元の人で建てられた歌碑が
自然公園の中にありました。
今は周辺の樹木も大きくなりましたが、
建てられた当時は、見晴らし良く
修善寺の町を見下ろせたのかも知れません。
 

 

 


夏目漱石がこの地を訪れたのは、
文部省から命じられてイギリスに留学してから(1900年)10年後の1910年。
胃潰瘍の療養のためでしたが、
修善寺温泉には、他にも多くの作家や著名人が
作品の執筆や静養を目的に訪れています。
 





 
大学のある三島市からこの修善寺までは
伊豆箱根鉄道で12駅(35分)、車で20〜30分くらい。
以前にもご紹介しましたが、
歴史と自然と、日本古来の風情が融合したすばらしいところです。
 






→つづく

投稿者: |