Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 進学フェスタat三島 |メイン| 留学生の農業+日本史体験 »

<東京方面から>箱根を越えると三島市(その2)

2010年10月12日

<東京方面から>箱根を越えると三島市(その2)

箱根旧街道の続きです。

本陣跡のすぐ近くには、寄木細工の工房がひとつの集落を作っています。







箱根寄木細工は日本を代表する伝統工芸品。
あまりに沢山かつ素晴らしいので
サイトリンクでご紹介します。(ここをクリック!
 
この素晴らしい伝統工芸品を世界ブランド化するため
国際見本市参加等の活動をしている
若手職人(技術者)のグループもあるようです。
 
街道を下っていくつかの茶屋を過ぎると
早雲寺に着きました。
ここは、箱根湯本駅のすぐ手前です。





北条早雲の遺命で建てられた北条氏5代の菩提寺は
禅寺で日本情緒に溢れた趣き深く・・・


 

 
かやぶき屋根の鐘楼も残っていました。
 

 

 
お寺の裏山は、早雲林という自然公園になっています。
 

 
今回はここで街道を折り返しました。
三島へ向かう街道の途中、
樫の木平から、小田原の海が見えました。
 

 
日本を代表する世界の指揮者、小沢征爾さんの碑もありました。
『貴方は今、歌っているか』
 


歩いてこのきつい坂を登った古の箱根越えの人々の目には
ほんとうにすばらしい絶景と写ったことでしょう。
 

 
この街道沿いには、旧箱根街道の石畳が残っている道があります。
元箱根まで40分
一度徒歩で挑戦してみますか。
 

投稿者: |