Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月

2010年03月31日

平成21年度学位記・修了証書伝達式

3月25日に品川のグランドプリンスホテル新高輪にて
学位記・修了証書伝達式、卒業記念パーティーが行われました。





開始前には、一人ひとり学位記を先生から受取ります。




 
受取って初めて卒業の実感が。



その後、優秀者の表彰も行われ、
陸上競技で輝かしい実績を残した、ダニエル君も表彰されました。





終了後は学位記を手に記念撮影!





卒業の喜び、めいっぱい!



ん?これは!?
卒業生同士で。。。



金谷ゼミのみなさんです。



みなさん華やか!



就職指導課のみなさんと一緒に。

→卒業記念パーティーの様子に続きます。お楽しみに!

投稿者: |

2010年03月30日

底冷えの春 〜サクラサク〜

昨日はなんと三島は雪が降り、周辺の山々も雪化粧をしています。

15号館6階パノラマラウンジからの富士山です。



現在春休み中で、学生はほとんどおらず、静かなキャンパスです。
桜も7〜8分咲きでしょうか。



本館屋上からの風景です。





図書館へ抜ける桜並木はまだ、3〜4分咲き程度です。





先週25日に日本大学卒業式が終わったばかりですが、
今週3日(土)には開講式が行われます。
その頃には満開の桜が新入生を迎えてくれそうです。



卒業式・パーティーの様子は近々お知らせします。

投稿者: |

2010年03月29日

本日三島、霙です。

毎年この時期には、大学の桜のお便りをお知らせするのですが、
今年の花冷えはかなりのもので、
午後からは霙まじりの天気になりました。

今日は、大学の桜はあきらめて、市内の「せせらぎ順路」の中から
通称、宮さんの川(蓮沼川)あたりの桜の様子を見に行きました。
 





 
この川は、富士山の湧水で有名な楽寿園の小浜池を源流としていて、
昔は子どもたちの夏の遊び場だったそうです。
水車は、市民グループによる手作り。
川を守ろうという、市民のみなさんの意気込みが感じられます。
 
川にはこのような彫刻がいくつか設置されていて 
市民や観光客の目を楽しませています。
 
 
 
このようなせせらぎが多いのは三島市の大きな特長です。
 




市内中心に位置していながら、夏には蛍が観られる町です。
 


投稿者: |

2010年03月23日

そして城池親水公園

江川邸のすぐ後ろに、

「城池」

という池がありました。
ここは韮山城のお堀の後で、お城の名残を今に伝えています。
 


美しい遊歩道が整備されていました。
 

 




近所の高校生(女子学生)が、なんの部活でしょうか、
このフィールドを利用して
「だるまさんが転んだ」をやりながらのトレーニングが
なかなか楽しそう・・・。
 

 
フィールドはこのような古い石で囲われていて、
昔、お城だった頃には、ここは何に使われていたのでしょう。
 

 

 
25日ごろから、桜が見ごろになるそうです。

投稿者: |

2010年03月19日

時代劇の撮影と言えば・・・

NHKの大河ドラマ「篤姫」や、最近ですと、TBSのドラマ「JIN -仁」の撮影で使われた
韮山町(大学のある三島から少し伊豆半島に入ったところ)の江川邸を見てきました。

うわさに違わぬ立派な門構え。今からおよそ850年前に建てられたそうです。
 


江川邸は代々韮山の代官を努めて来た家だそうですが、
入り口から中へ入ると、
 

 
こんなに広い土間があって、

「地震は大丈夫なんでしょうか。」



くぎやねじ等を使わない、たくさんの桁・ 貫で組まれた小屋裏が、
耐震構造となっているそうです。
 


中は、こんなに広い和室が・・・
撮影はこの建物の中も使われたのでしょうか。
幕末の鉄砲から藩校の塾生名簿まで展示してありました。
 
西洋に眼を向けたことで、幕末に暗殺されてしまう思想家、
佐久間象山も、ここで学んでいたのですね。
  





 
裏口から抜けると、米蔵が。
このあたりはなんとなく、テレビで観たような気がします。


 
門から屋敷を眺めたところと、屋敷前の枡形です。




 
江戸からそう遠くなく、気候も温暖なこの土地から
多くの思想家や政治家が輩出された名残が今でも残っている
韮山町の江川邸です。

投稿者: |

2010年03月12日

三島広小路界隈

静岡県は久々のお天気だったので、
大学のある三島市の南西
私鉄 伊豆箱根鉄道の始発駅「三島広小路駅」界隈を歩いてみました。
 
飲食店やショップがたくさん軒を並べる
賑やかな場所です。
 



(昼下がりで人が少なかったですが、通勤通学時にはかなり混み合います)
 
古くから商いを営んでいるお店や
 






アイキャッチに工夫して個性をアピールしているお店
 





 
この通りで一番古い建物(昭和9年築/ご商売はその前から営んでいたそうです)の
おそばやさんだったところが雑貨屋さんになって営まれていたり
 


西を向くと
 


東は箱根へ
 


町中の路地も整備されて
石だたみの道が目につくようになりました。
 


開発の狭間に、昔の面影ものこしながら・・・
 






広小路界隈は、大学キャンパスから徒歩で15分〜20分です。



投稿者: |

2010年03月04日

伊豆半島は百花繚乱

大学のある三島市は、伊豆半島の玄関口。
静岡県内では他の地区よりも箱根からの吹き下ろしで冬の気温がやや低めです。
  
とはいえ、伊豆半島に一歩足を踏み入れると
真冬の1月から様々な春の花が咲き始め
今は、桜(ソメイヨシノ)の開花が待たれる時期になりました。
  
この日は(2月初め)伊豆半島の井田(いだ)地区へ
名物の「一面の菜の花畑」を探しに行ってみました。
  

  
三島から沼津へ出ておだやかな西伊豆の海岸沿いの道を行くと
 

  
海沿いにあるこの地区への入り口が・・・。
この日は梅が咲き始めていました。
   

  
映画の撮影にも使えそうな
火の見櫓の残る町並みをずーっと海へ向かっていくと
   

  
異国情緒も感じられる牧歌的な空間が広がっています。
 

 

 
とはいっても、やっぱり富士山はしっかり存在して・・・
 
国内なんですが・・・。
 

 
峠から見下ろすと、菜の花の畑の中に「井田」の文字がくっきり。
この日はまだ早かったですが、
ちょうど今頃(3月初旬)までが見頃になるそうです。
 

    
三島キャンパスから車で50分ほどのところです。

投稿者: |