Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月

2008年12月27日

走れ日大!もうすぐ箱根駅伝

年明け、1月2日・3日は、毎年大きな盛り上がりを見せる箱根駅伝です。
今回で第85回目の開催のようで、今やすっかりお正月の風物詩となっています。
日本大学も80回目の出場となり、優勝回数も12回と、
輝かしい歴史を刻んでいます。

キャンパス内の色んな所にポスターが貼られていて、ムードが高まっているのを感じさせます。





日本大学を応援するための"ガイドブック"も置いてあり、多くの学生が手にしていました。



"日大カラー"でもあるピンク色の襷(たすき)が印象的です。



体調に気をつけて頑張ってほしいです。
みんなで応援しましょう!

走れ日大!ガンバレ日大!

投稿者: |

2008年12月26日

クリスマスコンサート2008 (その3)

(その2)からの続きです。

楽しい食事の時間の後は、趣向が少し変わってダンス発表へとプログラムは進みました。
 
その前に、実行委員長の久保田真未さんから
参加した学生のみなさんへの挨拶と、
協賛各社へのお礼のコメントがありました。
 


舞台裏ではダンス部の3名が、
とてもかわいらしい衣装で出番を待っていました。
チア服もいいけれど、コレもね!



会場では、次の出番のGirl's Hipの紹介が・・・。
 


Girl's Hipが登場すると、会場に少しざわめきが・・・・。
キャンパス内にファンが多いというだけあって、
キュートなダンスを披露してくれました。
 






演技を終えた後、集合写真の撮影をお願いしました。
みなさん、まだまだ元気いっぱい!
 


さて、いよいよフィナーレです。
 
まず、クリスマスのアンケート結果を発表しながら
ダンス部の演技へとプログラムを進める司会の二人が、
思いきったコスチュームで登場しました。
 


そして、キャンパスライフのさまざまなステージで活躍している
ダンス部の発表です。
 
まず、さきほどの3人のダンス
 




もうひとつの衣装のチームの演技のあと、
全員で踊るチアリーディングを披露してくれました。
 




なんといっても、一番の見物はスタンツ!
 




会場から大きな拍手と歓声があがりました。
 


演技を終えたダンス部のみなさんです。
 


奇抜に盛り上げてくれた司会の二人も見かけたので、
撮影をお願いしてキメてもらいました。
美しい男子学生さんです。(笑)でも、とってもまじめなんですよ。
 


終了後、このクリスマスコンサートの実行委員のみなさんで
記念写真の撮影会です。
 


お疲れさまでした!
 

投稿者: |

2008年12月25日

就活応援!先輩学生が就職活動のコツを披露

15号館1523教室にて、就職活動を終えた4年生が、
就職活動を始める後輩学生に、就職活動中に得た知識を"伝授"しました。

IT・銀行・航空関係・医療商社・公務員・製造業・ホテル・アパレル等様々な業種に
内定している4年生がアドバイスしました。



それぞれ個別ブースに分かれて、25分の時間の中で、気軽に質疑応答が交わされました。



4年生は事前に充分準備してきたようです。
パソコンを用いて分かりやすく説明する4年生も。



エントリーシートの申込方法や履歴書の書き方、会社訪問、面接時の注意事項に至るまで、
様々な質問が出てます。





「就職活動の時だけ頑張るのではなく、日頃から・・・」



受付も、4年生が明るく元気に対応です。







「前もって準備したことが自信につながります・・・」





チャットブースでも4年生への質問が。





協力頂いた4年生のみなさんです。
みなさん就活を終えた"4年生の風格"が現れていますね。。。
ありがとうございました!




就職活動を始めた学生のみなさん、これから始める学生さんにとってはとても参考になったようです。
やはり色んな経験をしてきた、先輩学生に直接聞くのが一番ためになります。
先輩から”伝授”してもらった知識を生かして就職活動ガンバッテください!

投稿者: |

2008年12月24日

クリスマスコンサート2008 (その2)

(その1)からのつづきです。

エアギター選手権!



伝説の勇者に扮した4名がエアギターに挑戦!
みなさんうまくエアギターを操るので見応えがありましたが、
静止画ではそのおもしろさを伝えきれません。
動画じゃなくて、本当に残念です。
 

 


会場の投票でグランプリが決まりました!
おめでとうございます。
 
 
にぎやかなエアギター選手権の後は、
レッドアーリマーの発表でした。
「セキヤさんのバンド」と司会は紹介していましたが、
サークルや部というくくりを越えて集まったメンバーで結成されたバンドだそうです。
 



 

そして楽屋裏では、次の出番を待つアコースティックギター部。
 


幕の合間にはこんな風に
クリスマスのコスチュームに身を包んだ司会が登場して
会場を沸かせていました。 
 



 

そして、アコースティックギター部の出番が来ました。
 

ペアの二人は、繊細で美しいギターの音色で
クリスマスを奏でてくれました。
 
ソロの学生さんは、悲しいバラードを披露。
会場はやさしい音色で包まれました。
 

 
〜休憩〜
 
夜7時を過ぎたころから、食事タイムとなりました。
 
このクリスマスコンサート2008は、
三島キャンパスの「食」をまかなって下さっている
 当日クッキング(株)
 モスバーガー日大店
 (株)中部グリーンハウス
 (株)伊豆ライスセンター (敬称略)
の協賛で実施されています。
この日の食事やケーキ、ジュースなどもご提供いただきました。
 








みんな、すごいご機嫌です!
 




舞台裏の支度はこんな様子でした。
コンサートスタッフのみなさん、ご苦労さまです。
 


(その3)へ続きます。

投稿者: |

2008年12月22日

クリスマスコンサート2008 (その1)


 
今年も、文化会主催によるクリスマスコンサート2008が開かれました。
(12月19日 金曜日)
文化会に所属する部やサークルから、
クリスマスプレゼントとして、メッセージやステージ演奏、ゲームなど
楽しい催しが参加者のみなさんに送られます。


 
飾り付けも、コスチュームも、クリスマス一色に染まって、
一足早いクリスマスコンサート。
 
受付です。ここでプログラム、食事券、お菓子などが配られました。
  


開催を待っている学生さんです。
 


会場の照明も落ち、いよいよ始まりです。
下の写真は最初の司会の二人です。
(司会は交代で担当され、
このあと、トナカイバージョンほか楽しいコスチュームで
会場を沸かせてくれることになります。)
 

 
そしてトップに演奏してくれたのは
軽音楽部の「JC」、そして「暴れ正宗」のみなさんです。
  

 

 


軽音楽部は、定期演奏会のPRもかねてのステージです。
 

  
楽屋裏には、出演する部の食事の用意も準備されていました。
  

  
楽屋裏で出番を待つ、JAF(Jazz&Fusion)部のみなさん
  

 
舞台では、早食イズが進行中でした。
  

 
アカデミックな質問を聞いたあとに、お菓子を食べ始め
一番最初に食べた人に解答権が与えられるというゲームです。
 

 
会場の投票とポイントで順位が決まります。
 

 

 

 
 
そしてJazz&Fusion研究部の発表です。
 
1,2年生のクリスマスソングに次いで、
ビッグバンドでの演奏も披露してくれました。
『クリスマスをどうするんですか〜?』というMCも楽しめました。
 

 

 

 
この後、全国エアギター選手権、レッドアーリマー、食事、
Girl'sn Hip、ダンス部と、クリスマスコンサートは続きます。
(その2へ続く)
 

投稿者: |

2008年12月17日

国際交流学科フィールドワーク発表会

15号館1512教室にて、国際交流学科のフィールドワーク発表会がありました。
国際交流学科では、フィールドワークにも力を入れています。

授業で学んだことを、実際に教室外(フィールド)、周辺地域や海外にまで足を運び、
地域貢献・国際貢献を行うことにより、
それぞれのフィールドで生かすことを目的としています。



国内や海外。フィールドワーク内容も様々です。



発表会の要旨も参加者全員に配布されました。





金谷ゼミの発表
「日大国際Kanaya-seminarたんぽぽ」が目指す地域開発
−「沼津港マップ」づくりのフィールドワークを事例として−
地元の行政や商店街とタイアップし「沼津港マップ」を作成しました。






高橋ゼミの発表
「イングランド研修」
イングランド研修にて、歴史・文化・社会・経済等を学びました。




安元ゼミの発表
「飛んでサンクトペテルブルグ〜安元ゼミ ロシア研修記〜」
ロシア研修で、現地の大学生と国際交流。日本語の体験授業も行いました。






小代ゼミの発表
「観光地としてのサイパンと日本の交流」
サイパン研修で、現地の人と国際交流。観光と日本との関わり方を調査しました。






宗形ゼミの発表
「グラウンド・ゼロの風景」
−NY研修から見るアメリカと戦争の記録−
ニューヨーク研修で、同時多発テロの起こったグランドゼロを訪れたりして、
アメリカの歴史を学びました。
 



 
青木ゼミの発表
「2008年度 海外ゼミナールネパール研修・リベラ訪問」
ネパール研修で、現地の村人や大学生と交流を交わし、ネパールの貧困問題等を調査しました。
 

 


 
安元先生担当・国際交流(国際事情)の受講者による発表
「タイを知ろう!!」
−山岳民族・人身売買・HIV/AIDSの現実−
学内で募金活動を行い、その資金で支援物資を購入し、自分たちの手で届けてきました。
 

 
発表前・・・
   教室に早くから乗り込んで、安元ゼミの学生が打合せをしていました。
   みなさん緊張しているかと思いましたが、意外にもリラックス。
 


学生のみなさんは教室内にとどまらず、海外にまで出て授業で学んだことを生かしています。
このフィールドワークによって様々な人たちと触れ合い、
そこから多くの影響を受けたようです。
    

投稿者: |

2008年12月15日

クリスマスイルミネーション点灯



正門付近にクリスマスイルミネーションがお目見えしました。

学生会SCAのみなさんが、寒い中一生懸命に準備しています。 





4限終了後に点灯するそうです。   





守衛所にも。





学生会SCAのみなさんです。
寒い中お疲れ様でした。



投稿者: |

2008年12月13日

文化会主催 クリスマスコンサート開催!

12月19日(金)16:30〜8号館3階にて、
文化会主催によるクリスマスコンサートを開催します!



音楽団体の発表やダンス発表、
早食イズ・エアギター選手権もあります。
どちらも先着4名までなので、興味のある方は12号館2階文化会へ!
1等及び参加者全員にステキな!?賞品も。。




参加者には、ケーキやお菓子が配られます。
みんなで盛り上げましょう!

投稿者: |

2008年12月12日

吹奏楽部 第18回定期演奏会 その2

装いも新たに始まった第2部は、
ディズニーランドの音楽からスタート
 




そして、クリスマスの演出へと舞台は進行していきます。
 


天使も登場して
ジングルベルのイルミネーションが素敵でした。
 






来場して下さったご年配の方のためでしょうか、
TVでよく聞く演歌の演奏が終わったあとは、
台所用品による変奏曲へとシーンは変わり・・・
 








会場と一体となって楽しく盛り上がり、
演奏会はいよいよ終盤へ
 








(その3へつづく)

投稿者: |

2008年12月11日

学生会CSA主催 後期球技大会

学生会CSA主催の後期球技大会が12月7日に行われました。
種目はソフトボールとサッカーです。

約1週間の募集期間で、
ソフトボール、サッカーそれぞれ8チームづつ集まりました。



パンフレットも学生会のみなさんの作成です。



サッカーはグラウンドにて開催。







ユニフォームを揃えているチームもあり、気合が入ってます。



ソフトボールは野球場にて開催。


 

 

   
終了後も参加者みんなで後片付け。
天気にも恵まれ、とても良いスポーツ日和でした。

投稿者: |

2008年12月09日

富桜祭実行委員の慰労会

富桜祭実行委員を対象に、慰労会が行われました。
富桜祭を実行する組織は、
執行部、放送局、模擬店・販売局、管財局、文化会演出局、文化会事務局、宣伝局、
装飾局、体育会執行部、芸能局、CSA事務局、ステージ局、企画局、
と13組織にも渡ります。
この組織がなければ富桜祭が成り立ちません。

実行委員長を務めた緒方君からの挨拶。



初めに富桜祭のビデオ上映で盛り上がり。



上田龍太郎先生からの挨拶。
「第58回富桜祭スタッフのみなさん、ほんとに良くやってくれました・・」





そして「カンパ〜イ! おつかれさま〜」







学生会CSAのみなさん。
指導いただいた先生方へ挨拶まわり。







ステージ局のみなさん。



今年度実行委員長の緒方君(右)から
来年度実行委員長の御所園君(左)へバトンタッチ



なにやら人生相談!?も始まりました。。。(笑)




富桜祭直前と期間中は、学内に寝泊りして、準備・運営にあたったようです。
91名のスタッフのみなさんお疲れ様でした!

投稿者: |

2008年12月08日

吹奏楽部 第18回定期演奏会 その1

先週6日(土)
三島市民文化会館ゆうゆうホール(大ホール)にて
本学部吹奏楽部、18回目の定期演奏会が行われました。
 


この演奏会では、吹奏楽部の出演が決まっている
NHKのテレビ番組『響け!みんなの吹奏楽』(来年1月放送予定 BS2)の公開収録も行われ、
また、
日本屈指のトロンボーン奏者でバンドリーダーの角田健一さんを客演にお招きするなど
吹奏楽部のみなさんにとっては、
本当に記念すべき、また思い出深い、
素晴らしい演奏会になりました。
 


上の写真は、賛助出演して下さった、
福島県郡山市にある、日本大学工学部吹奏楽部の皆さんです。
また、
OB、OG諸先輩方も同様に賛助出演して下さって
同日の編成となりました。
 
開場を待つお客様の行列はホールの外まで続いて
 




開場と同時に入場したお客様にプログラムと記念のポケットティッシュが配られ
(思いがけなくたくさんのお客様がお見えになったために、
プログラムが足りなくなるというハプニングがありました)
 






花束もたくさんいただいて



卒業生からも、こんな立派なフラワースタンドが
 



高校生のみんなも来てくれました。
 


開演前にアンサンブルでお客様を歓迎する部員
 

(この会場が、いっぱいになったのです)
 






まず初めに、顧問の小林通先生から、来場の皆様への感謝と
関係各方面の、ご指導、ご協力いただいた方へのお礼と、
学生さんが、本当に実量がついたことなどお話しいただきました。
 


この日のプログラムは、
第一部 Symphonic Stage
第二部 Shiny Stage
第三部 Blast Stage
に分かれ、いよいよ第一部の始まりです。
 






総合司会の曲紹介も合わせて進行されて、
わかりやすいコンサートに仕立てました。
 








そしてNHKの番組スタッフらしい方たちが、
静かに見守っていたのでした。
 



 
(→その2へ続きます。)

投稿者: |

2008年12月05日

国際シンポジウム2008



本学部ならびに国際関係研究所主催、
静岡新聞社・静岡放送、三島市、沼津市、裾野市、伊豆の国市の各教育委員会の後援で
国際シンポジウム2008が、本学部15号館1512教室で行われました。
テーマは『日系移民と国際交流 ー戦前の日本移民はグローバリゼーションを推進したか』です。





このシンポジウムでは、戦前日本の海外移民を通じたグローバリゼーションの諸問題点を
海外の研究者を招いて考えたいというもので(吉田教授 「開催の趣旨」より)
パネリストには以下の4氏をお迎えしました。

ゲーリー・沖広(コロンビア大学国際関係学大学院教授 米国)
ラファエル・荘司(サンパウロ・カトリック大学研究員 ブラジル)
スヴェトラーナ・ヴァシリューク(法政大学大学院政治学研究科非常勤講師)
南誠(日本学術振興会特別研究員)



シンポジウムはすべて英語で進められるため、
参加者のみなさんには、同時通訳の機械が配られていました。



受付を手伝っているのは、野球部の学生さんたちです。



広告での告知も大分行ったので、一般の方の参加も目立ちましたが、
学生さんには出席カードも配布されました。



会場の中は





本学部から吉田正紀教授(総合司会)、
コメンテーターとして
小代有希子教授、呉 川教授、高橋章教授、吉本隆昭教授が参加されました。

会場内に設置されたブースの中で同時通訳されて、みなさんに貸与した同時通訳機のイヤホンへと
日本語のアナウンスが流れます。



沢山の人が参加して夕方4時過ぎまで、シンポジウムは開催されました。
長時間、お疲れさまでした。


投稿者: |

2008年12月03日

韮山時代劇場ジャズフェスティバル その2



過日(11/22,23の土日)に行われたジャズフェスティバルの続報です。
 
本学部のJazz & Fusion部からVibrationが出演した様子はその1でご紹介しましたが、
(その模様はこちら)
今日は、同日第一部に出演した皆さんのご紹介です。(プログラム順です)
 
◎清水・静岡ジュニアジャズ<ビッグバンド>

 
結成9年目の静岡ジュニアジャズオーケストラと
6年目の清水ジュニアジャズアンサンブルで構成されたビッグバンドで、
中学2年から高校3年生が中心となっています。



海ほたるでの演奏など、県外にも演奏旅行に出かけたりするそうで、
この日も力量のあるジャズで客席を魅了していました。

実はこのバンドのベースが出席できないために
本学部のJazz&Fusion部のメンバーが助っ人で参加、
 






譜面を読みながらの演奏ですが、
まるでいつも彼らと一緒に練習しているかのようなノリのベース!
さすがです!!
助っ人、おつかれさまでした。
  
◎志村孝雄と大塚香寿彦デュオ


ジャズピアノとハーモニカの聞きごたえのあるデュオに客席もうっとり。
次から次へと仲間のみなさんが登場して、演奏とトークの楽しいひとときになりました。
 


こんな楽しい楽器もお目見えして



あっという間に時が過ぎ、持ち時間が30分では短か過ぎました。
 
◎Fujitsu Jazz Allstars<ビッグバンド>


オーディションで合格して
ディズニーランド内で演奏した経験もあるというエピソードも飛び出したビッグバンド。
みなさん仕事を持っていて、その上練習も演奏活動もこなしているそうで、
昨年は活動なんと20年目を迎えたそうです。
 


赤いブレザーがよく似合っていた、このバンドの司会の方。
 

 
社会人になってもこうした活動を続けていけるというのは素敵ですね。
 
◎原宏志とフライングバーズ


ムーディーなサックスを聴かせてくれたフライングバーズは、
普段はお酒を飲む場所でスタンダードジャズを演奏されているそうですが、
ジャズに限らず、ボサノバ、ポビュラーなどジャンルを問わず演奏して好評を得ている
伊豆では数少ない本格的なJazzコンボなのだそうです。
 


◎RIKI BAND<ビッグバンド>


20人編成の社会人スィングオーケストラで、
スイングJazzをメインに豪華で迫力のあるサウンドが売り物だそうです。
この日もメジャーな曲では「テイクファイブ」なども演奏して下さいました。
 




結成以来、地元沼津市の芸術祭をはじめあらゆるイベントに出演されています。
とくにジャズには造詣の深い中高年層の音楽ファンが多くいらっしゃるそうです。
 
芸術の秋を彩るジャズフェスティバルは、初日の第二部と2日目はプロステージでした。

ジャズの初心者にも楽しめる素敵なお祭り「韮山時代劇場ジャズフェスティバル」。
来年もまた、観れるといいなと思いました。

投稿者: |