Calendar

カレンダー

loading ...

Category カテゴリー

New entry 最近の投稿

New comments 最近のコメント

Aechives アーカイブ

Search

Blog内検索

« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月

2008年04月16日

今日のお昼休み

サークルによっては、お昼休みを利用して発表会を行っているところがあります。
この日はダンス部でした。
とても楽しそうに踊っていたので思わず写真を撮らせてもらいました。



このあと、ダンス部の活動の紹介と勧誘のMCがあって、
発表が終わりましたが、
日頃はどんな練習をしているのでしょうね。


今度取材させてもらいたいと考えています。
そのときは、どうぞよろしくお願いします。

投稿者: |

2008年04月09日

サークル勧誘で朝から賑わっています。

7日、今日、10日の3日間、
新入生のサークル勧誘をしている先輩たちです。

門からキャンパスへの通路いっぱいに並んで
片っ端から新入生に声をかけたりビラを配ったり。
これは、朝9時半ごろの、キャンパスの様子です。


合間を見て、写真撮影の協力をお願いし、
勧誘活動の楽しげな写真を撮らせていただきました。


↓男女バスケ部です。

↓ダンス部とアコースティックギター部です。
アコースティックギター部は、新入生歓迎のポーズで決めてくれてます。
(写真 奥)

↓春休みの間、閑散としていた掲示板も
勧誘のためのビラでいっぱいになっていました。

素敵なことが始まりそうな、
そんなやわらかな光が差し込んで
いいかんじの8号館の掲示コーナーでした。


投稿者: |

2008年04月05日

WELCOME LECTURE 新入生歓迎記念講演


4月4日(金)10:30~11:00 


講師 NPO法人 バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)理事長 
    泊 みゆき 氏 (1989年 大学院国際関係研究科修了)


演題 「グローバリゼーションと持続可能な資源利用
    ~21世紀を生き延びるために、大学で何を学ぶか~」


この日のお話は、


<大学というのは、こういうところ>
1、専門知識がついて専門書が読めるようになる。
2、筋道をたてて話す、討論ができるようになる。
3、図書館など、費用がなくても勉強ができる。
(英会話など社会に出ると、あらゆる場面でお金がかかる)
4、先生がちがう。教えるだけではなく、社会の中で役割を持っている。
(各種審議会などの委員になったりしている)
5、知識の最前線にいることができる。


というテーマから始まりました。
その後
国際社会で活躍するご自身の経験から


「学生時代とは、何になりたいのか、何をしたいのかを常に思っていて、
そのためにどんな努力をしたらいいのかを考え、蓄積しておく時期なのです」 


という風な、
学生生活を送る上での具体的な心構えや、
グローバリゼーション(経済の世界化)と政治の関係、
バイオマスを通して感じる、環境その他の世界規模をどう意識すべきかなどを
具体的な例を示しながら、話していただきました。


最後に
国際関係学部は社会、法学、経済、政治を広く勉強するので、
社会に必要だけど人数の少ない人材になれますよ。と
励ましのお言葉をいただいて。


明日からでもすぐに学生生活の役にたつような貴重なお話から
国際関係学部から進むべき未来の道のひとつを示していただいたような
そんな貴重な講演会でした。

投稿者: |

2008年04月04日

OPEN CEREMONY OF THE ACADEMIC YEAR

新入生の皆さんが参加して
国際関係学部と短期大学部(三島校舎)合同の開講式が
10時から行われました。

静まり返った講堂に、ディスプレイされたいろんな国のフラッグ。
先輩たちの英語やハングル語の挨拶やスピーチが響いて
これから、世界(WORLD)について、学んでいくんだな~という雰囲気。

心地よい緊張感の中で、式が進行していました。

成績優秀者に授与される
国際関係学部校友会会長賞の授与式の後、


少しの休憩を挟んで


卒業生で、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)理事長、泊みゆき氏の、
新入生歓迎記念講演を聴きました。


内容については、明日の記事で。

投稿者: |